◇季語一覧

1月
新春の候・初春の候・大寒の候・厳冬の候・厳寒の候
「年が明け、厳しい寒さのなかにも清々しさが感じられるこのごろです。」
「ひときわ厳しい寒の入りを迎え」
一月の異名
睦月(むつき)・正月・端月(はづき)・初月・祝月(いわいづき)・謹月(きんげつ)

2月
春寒の候・立春の候・梅花の候・向春の候
「少しずつ春めいてまいりました。」
「春とは名のみの厳しい寒さが続いておりますが」
「梅のつぼみもふくらみ、寒気のなかにも早春の息吹きが感じられるころにとなりましたが」
「うぐいすの初音に春の到来を感じるこのごろ」
二月の異名
如月(きさらぎ)・麗月・梅月・梅見月・初花月

3月
早春の候・春分の候・啓蟄の候・浅暖の候
「ひと雨ごとに春が近づいております」
「桃の節句も過ぎ、日ごとに春めいてまいりました」
「桜の開花が待ち遠しいこのごろですが」
「沈丁花(ジンチョウゲ)が咲き誇り、春の香が漂うころとなりましたが」
三月の異名
弥生(やよい)・花見月・桜月・嘉月(よみしづき)

4月
春暖の候・桜花の候・陽春の候・惜春の候
「花冷えの日が続いておりますが」
「春風が心地よい季節となりました」
「春眠暁を覚えずといいますが」
「春たけなわ(爛漫)の折」
「若草も日増しに伸びてまいりました」
四月の異名
卯月(うづき)・卯花月・鳥月・鳥来月(とりくづき)・花残月(はなのこりづき)

5月
新緑の候・薫風の候・立夏の候・青葉の候
「薫風さわやかな季節となりましたが」
「若葉がまぶしいこのごろですが」
「五月晴れの空に鯉のぼりが勢いよく翻(ひるがえ)っております」
「青空に新緑が映える季節を迎え」
五月の異名
皐月(さつき)・佐月・菖蒲月(しょうぶづき)・早苗月(さなえづき)

6月
向暑の候・入梅の候・初夏の候
「雨に洗われて、紫陽花の色が鮮やかです」
「うっとうしい梅雨の季節となりましたが」
「梅雨寒の日が続いておりますが」
「今日は久しぶりに青空が広がっています」
「梅雨明けが待たれる今日このごろ」
六月の異名
水無月(みなづき)・五月雨月・葵月・旦月(たんげつ)

7月
盛夏の候・炎暑の候・猛暑の候・酷暑の候
「海開き、山開きの便りが聞こえる頃となりましたが」
「梅雨が明け、ようやく青空が戻ってまいりました」
「夜空に大輪の光の花が咲き乱れる季節となりましたが」
七月の異名
文月(ふづき)・婦月(ふづき)・七夜月・蘭月

8月
残暑の候・立秋の候・晩夏の候・早涼の候
「立秋とは名ばかりで、毎日暑い日が続いておりますが」
「熱帯夜が続いておりますが」
「どうやら暑さも峠を越したようで、朝晩はいくらかしのぎやすくなってまいりました」
八月の異名
葉月・桂月・壮月(そうげつ)

9月
初秋の候・秋涼の候・清涼の候・爽秋の候
「虫の音に秋の訪れを感じるころとなりました」
「お月様が美しい季節となりましたが」
「さわやかな秋晴れの日が続いております」
「あちこちから秋祭りのにぎやかな囃子(はやし)が聞こえてくるこの頃です」
九月の異名
長月・夜長月・玄月(げんげつ)・寝覚月

10月
仲秋の候・紅葉の候・清秋の候・秋冷の候
「秋たけなわのこのごろですが」
「北国では今が紅葉の見ごろとか」
「銀杏の葉も日ごとに色づいてまいりました」
「味覚の秋、芸術の秋となりましたが」
「秋も日増しに深まってまいりました」
十月の異名
神無月・時雨月(しぐれづき)・紅葉月・良月

11月
晩秋の候・立冬の候・向寒の候・深秋の候
「木枯らし一号が吹き、めっきり肌寒くなってまいりましたが」
「今年も鍋料理がおいしい季節となりました」
「日が落ちるのが早くなり、冬が駆け足で近づいてくるようです」
十一月の異名
霜月(しもつき)・菊月・雪待月・神楽月・神帰月

12月
歳末の候・師走の候・初冬の候・寒冷の候
「いよいよ師走を迎え」
「街をクリスマスツリーが彩っています」
「本格的な冬将軍の到来です」
「暮れもいよいよ押し迫り、あわただしくなってまいりましたが」
十二月の異名
師走・極月・臘月(ろうげつ)・忙月

 

>>HOME


© KAZUMURA